沢田知可子さんプロフィ-ル・活動

1963年8月4日生まれ 血液型O型

高校卒業後、浦和警察署内の埼玉県交通安全協会で運転免許の更新作業に従事。

あるとき、このままで良いのかな?違和感をと感じながら夢でもある歌の世界へ足を踏み入れ、活動を始める。

南浦和のライブハウス「PotatoHouse」(現在はありません)での活動を初め、のちにスカウトされる。

1987年10月5日「恋人と呼ばせて」でプロデビュー。

キャンぺーンの日々を過ごしつつ、デモテープを持ち込んだ渋谷「ランタン」(現在は、渋谷の神泉駅そばに移転)に訪れ、マスターとの出会いが、大きなきっかけとなる。この店が「聖地」と呼ばれる由縁がこんな理由から。

1990年 有線放送からじわじわと「会いたい」が130万枚を超える大ヒット。 紅白歌合戦に出場、日本有線大賞を受賞。 2000年には「21世紀に残したい泣ける名曲」の1位に選ばれる 体育会系バラードシンガーを発揮し、全国ツァーで活動しながら数多くのアルバムを発表、みなさんご存知の「幸せになろう」や「Day by day」などの同世代の女性へのメッセージを綴り、愛を大切に守り続ける。

バラードシンガーとして活躍する中、自ら作詞をして他の歌手にも提供するかたわらで、ボーカリストとしての自身を大切に歌い続ける。

1999年、ウエイタ―ズという男女のユニット(現在は解散)へ提供した楽曲「自殺しちゃだめだよ」が、後に大切に歌い続ける歌「gift」としと彼女が守り続けて行く。

ご主人である音楽プロデューサー・作曲・編曲・ピアノ&キ-ボ-ド奏者などで多岐に渡る活動をしながら支えている、ご主人でもある小野澤 篤(おのざわ あつし)さんと、音楽学校での指導・寺尾聡さんの演奏・参加しているバンドユニットの活動をしているギターリストの林 仁(はやしひとし)さんのアコースティクギターとの二人三脚の活動。

また、ガットギターの田嶌道生(たしまみちを)さんとの活動があったこともあり、アルバム「歌姫ものがたり」や生の演奏でも林さんとは違った一面に触れられます。

ご主人の小野澤篤さんとの夫婦ライブも展開。歌声から心から言霊を届け、聴いて涙を流すことで心の浄化に誘う、歌セラピ―で活動中。

最近では、アコ-ティクギタ-で長谷川友介さんが参加しての3人編成もあり。 癒される生の歌声を聴いてみませんか?バラードって素敵な歌声をぜひ。