楽曲「gift」への大切な想い

この私設ファンサイトを作った理由に、ファンである沢田知可子さんの応援ともうひとつ理由があります。それは、楽曲「gift」を伝えようと心に決めたからでした。

自分のことを優しく見守っていてくれた人。家庭環境を察しかわいそうだからと甘くすることなく、優しくしてくれた。田舎の雑木林に入り、カブト虫を粉ミルクの缶に穴を開けた簡易虫かごに、いっぱい詰めてくれた叔父。雑木林に入り、腕に傷をこさえつつも。

どこにも連れていかれないからと、川原沿いの砕石場と工場の往復するときに、新車のダンプの横に乗せてもらったのを、 今でも鮮明に覚えてます。大型車からの眺めと、叔父の横顔が。
おふくろ様に電話をかけてきて、どこにも連れて行けなくてと言う。はしゃぎながら話す自分の見たままを話して、喜んでいたよって伝えてくれたけど腹巻から小遣いをもらったり、実家の長を担ってました。

待ちに待ったコンサートの日、いつもと違う感じでした。
知可ちゃんの歌声を聴ける喜びは、いつもと変わらなかったけど・・・。
与野(現在・さいたま市)でのコンサートの日、突然訪れた訃報。
(1999年平成11年11月27日土曜日)おふくろからの電話に暴言を吐いた。その理由は「gift」の主人公に限りなく近くにいる自分の姿がそこに。現実を取らえることが出来ず、逃避するように会場へ向かう。

何がなんだかわからず、知可さんの歌声も、コーラスの声も聴こえず。
デビュー当時から応援しているファン仲間の女性が、昼の公演で開始から涙を流し続けたらしく眼を真っ赤にしていた。知可子さんをずっと応援している人が涙した、素敵なコンサートなのに。帰りにそのファン仲間のご主人が声をかけてくれた。普段、自ら喋る方じゃなく、自分の心の中をわかるはずもなく。何で声をかけてくれたかは、いまだにわかりません。何かを察してくれたことは事実で、優しい声はとてつもなく暖かい。少しづつ落ち着きを取り戻し、何事にも代えがたい気持ちに包まれて。

翌日は最後のお別れに行って来れました。きっと、後悔してたはず、消えない心のわだかまりに。
彼女からもいろんな言葉を後にもらい、支えてもらった。二人の存在は、今の自分の中に宿り育まれている。

初めて聴いた楽曲「gift」に、止まらない涙に聴けなくなってしまう。
少年が自殺をして命を取り留め、病室の昏睡状態の友達への想いを歌にした楽曲。主人公と自分が重なり、歌詞に動揺し、知可子さんの歌声が心にそっと置いてくる。このころは「gift」の深さを理解しきれなかった。心の空白を埋めるのに一生懸命で。

コンサート・ライブでは、泣いてしまう方々を多く見かけます。
老若男女、理由はそれぞれでしょう。
印象にあるのは、年上の男性が涙をするということ。「会いたい」も知らないだろうと思われる方が、この楽曲を聴きに来たり、初めて聴いて号泣する方もいらっしゃいます。

歌詞の中に「がんばれ」の言葉が多く出てきます。負担を感じたり、追い詰めてしまう場合もあるのに、ありきたりに使われてしまう言葉。その言葉にそれを押し付けることなく、言葉の重さを認識してくれたらと。彼女の歌声には、愛がいっぱい込められている。
聴く側をよく見つめ、暖かく見守り、包むように心に届く。

自分は、今やっとこの楽曲と真正面に向かえるようになれた。
伝えようの気持ちが自分の想いが強すぎると、正しくは伝わらない。
無理強いをしてはいけない。否定されても、拒否されても、怒ってはいけない。人それぞれの受け止め方があり、十人十色なんだから。こんな気持ちになれたからこそ、改めて大切な「gift」を守って行ける。

微力ながら、恩とかファンだからを外しても、伝えて行きたいのです。
沢田知可子さんの愛のあるがんばれが、多くの人たちに届けと願って。
時が過ぎこの「gift」は、月日に支えと勇気を励ましをくれた楽曲に。

こんなにも愛がいっぱい詰まった楽曲に出会わなければ、何かに甘え続けたはず。歌詞のひとつひとつに深い想いがいっぱいある。反面、メッセージが強く「がんばれ」の言葉に、それぞれの受け止め方があり、違和感を感じることがあるかもしれません。お願いしたいことは、必ず歌詞カードを読みながら聴いて欲しい。歌詞のひとつひとつを確かめて、心の中に歌声と一緒に心に刻んでくれたら。そして、コンサート・ライブ等で生の歌声をぜひ。

大好きな歌手が歌うからとか、支え続けてとかはなくなり、人が忘れかけている。大切なものを今一度思い起こし、知可ちゃんの愛を受け止めて欲しい。きっと、伝わるようにと願いを込めて、心が暖かくなってくれたら。

元ウェイターズのともさん・マナヴさんへどうもありがとう。二人の歌声は、支え続けてくれました。デヒュー曲「自殺しちゃだめだよ」こんなにも難しい楽曲、心を込めて歌っていたね。ライブで涙を流す若い世代を見てきました。知可ちゃんがセルフカバーをした「gift」を歌ったあの日。
小淵沢のコンサートのあと、自分の気持ちを初対面なのに挨拶もなくぶつけたのに、真剣な眼の中に優しい二人の瞳。あのときは、本当にごめんね。どうもありがとう。

二人のCDの演奏、小野澤さんのピアノと林さんのアコースティクギターに
涙が止まらず、暖かに包まれながら聴いてました。小野澤さん、林さん、どうもありがとうございます。

知可子さん、あなたに会えて本当に良かった。「がんばれ」に込められた「愛」を伝え続けてください。
これからも、ずっと応援させてください。

知可子さんどうもありがとう。