知可子さんの素顔

「会いたい」の沢田知可子というのは、いろんな印象を持たれるようで、おしとやかな大人しい女性が出来てしまい、コンサートなどではあれ?と思うことがあるようで、体育会系バラードシンガーとご自身を例える様子に戸惑うこともあるようです。

2001年、元ルクプルの藤田恵美さんがソロアルバム「カモミ-ル」の発売イベントライブが東京、南青山「曼荼羅」(まんだら)で行われ、それにゲスト出演すると参加。知可子さんファンは自分ら仲間だけ、それを見つけてわぁーと声をかけてくれてこちらも手を振ったりしてたら、周りからの一斉に視線を感じる。

ライブが始まってゲストの知可子さんが呼ばれたら、どうも「会いたい」の印象が強くて隣の席の女性の皆さんは、驚くばかりで、その表情と雰囲気はこちらまで伝わってくるものでした。

知可子さんが恵美さんと同じ歳と言ったら、笑い声が起きて、えっ!見えない、見えないよねに、大笑いする声を耳にして、自然な流れでいつしかライブに入ってました。

藤田恵美さんの癒される優しい歌声、知可子さんがゲスト出演と参加したげと、ほんと事柄も伝わる素敵な女性。対照的なふたりだけど、バラードを歌ったら天下一品のおふたり。 とても和やかに癒される、そんな時間が過ぎて行く。

知可子さんが「会いたい」を歌い始めて、何度聴いてもやっぱりせつないけど心に沁みていたら、隣の席からすすり泣く声・・・ふと横を見たら、涙を拭きながら聴いていてくれている。思わず生歌に出会えて良かったですねと、一緒の気持ちに重ねて再び歌の世界へ戻る。

歌い終わると知可子さん「泣いちゃった、泣かせてごめんね」の声に隣の席の方々、うなずきながらハンカチで涙を拭いてました。
これは記憶に残る、大切な想いです。

知可子さんの歌声を初めて聴いて、泣いてしまう方々をよくみかけます。司会の方だったり、演奏者だったり、ドキュメンタリ―のカメラマンだったり。体育会系な明るいお姉さんのトークに、声を出して笑い引き込まれたり、自然と心地よさを誘う歌声にいつしか陶酔して行くようで。

そして、老若男女に関係なく、心を開放してゆく。恥ずかしいとか、知らない人が隣にいるとか、なくなるのです。人は大人になると泣くことをしなくなる。心地よい涙は、心の開放へ導く。人さまに優しくなれたらと、ただ願うばかり。

私がこうして大好きな歌を歌えるのは、皆さまのおかげだってことを忘れない。言葉にしても伝わりにくいものだけど、このあと可能な限りのイベントに参加したり、遠征したりしてその素顔に接する自分がみつけたもの。それは、現在に至るまでずっと変わらない知可子さんの人柄。初めての方でも、常連の方でも変わりなく接するイベント終了後のCD販売&サイン会での様子と長い列を見ていると、こちらもほっと和んでしまいます。