ラディッシュへの想い

ミニチュアダックスが好きになったのは、ファン仲間の方が一緒に暮らしている、一枚の画像との出会いからでした。

ある日の出来事。
近所の自転車屋さんへ行ったとき、吠えまくられて困惑。でも、何故かズボンのすそに足をかけていた。
再び、訪れたこの店、ラディッシュに似ていて、つい手を差し伸べてみた。
自分に近づいて来てくれ、撫でてあげているとき、同時にふと可愛い~と心ので語りかけると、一歩前に寄って来てくれた。そんな偶然と思える出来事。

ラディッシュを大切に愛するファン仲間に聞いたら、素敵な返事をもらった。
「心から愛してくれる人から、発するオレンジ色のオーラを感じる力があり、暖かく心地よく思うんだよ。
きっと、心から発した色で心を許したんだよ。」と、何も言えなくなってしまった。あのときのぬくもりが忘れられない。残念ながら、その子は店のご主人の娘さんの家へ帰ってしまった。
あの時に会えた、ミニチュアダックスちゃん。あなたに会えて本当に良かった。どうもありがとう。何気ない場面や出会いは、ふと優しくなれる。

ラディッシュのこと

名前 ラディッシュ  性別 女の子
1999年 平成11年 5月19日 愛知県に生まれる川越で運命的な出会い、現在、埼玉県南部に在住。

 

ラディッシュとの出会いは、パソコンに送られた画像。
あまりに可愛く愛くるしいこの表情と大きな瞳。 次にしていたのは、彼女への返事を、 思ったまんまを書いていた。
後日、自分が気を使っての返事と、ご主人が言っていたらしい。
えっ?そんな器用なこと出来ないし、感じたままのことなんですよ。 作為的なことが出来ないのです、はい。
クリスマスレリーフの輪を削除して加工、大切な一枚です。
彼女のママに公開をお願いしたら、邪魔にならないようにと一言付け加えただけだった。
無理強いしちゃったかな?ごめんね。 自分の家族ではないけど 自分にとっても、大切な大切な子。だから、多くの人たちに見て欲しいし、心に和みが訪れてくれたらとそっと願う。

ラディッシュの写真集

まだ幼い頃のラディッシュの写真です。

 

たんさんの愛を注がれて、大きくなっていく途中の姿。
この頃はまだ会っていない頃の貴重な1枚です。

 


ラディッシュの可愛らしさに惹かれて、送ってもらった写真です。
だんだんとカメラを向けられると、視線を送ってくれるようになったみたい。
でも、遊んでと寄ってくるから、撮影は苦労したのかな。
ナイスショット!見つめられると、こちらが照れてしまいます。(笑)
耳が隠れてしまっているけど、大きな瞳が魅力的な1枚。
トナカイさんに扮して、クリスマスを楽しんだかな。

 


洋服の写真が送られてきて、それに刺激を受けて贈りました。
サイズがわからかかったので、はっぴなら着られるかなと被せるタイプにしたら、 ちょうど良い感じに着こなしてます。

 


はっぴだけに、ハッピ-になってくれたらと願ってました。(笑)


5月19日の誕生日に開くとオルゴ-ルの音色を奏でる、誕生日カ-ドを送ってみた。文字では伝わらないので、きっと音楽に託した想いを受け止めてくれたらと願って。ママの笑顔で喜んでくれたら、なんてきっと届いたよね。

 

 


ありがとう♪の言葉って・・・照れてしまうけど、こんなにも嬉しいのだろう。

 

 

気持ちを遥かに超えて、こちらまで温かな気持ちに包まれていた。誕生日にカ-ドを贈ることが楽しみになり、誕生日電報を贈ってみました。いろんなものがあってラディッシュのおかげで、たくさん知ったり嬉しい迷いでした。いつからか・・・ぬいぐるみまで選んでいた。(笑) ラディッシュは甘噛みしたりしないで、そばに置いての写真を撮られてもこのように。 こんな記念写真、とってもありがたい。 写真は想像したり浮かべて、その時間に気持ちを戻してそこにいたようになれる。


ラディッシュ愛
特別な文章ではなくて、会えた証をここに残します。
先週の日曜日に歩くのにも階段以外は、不自由に感じなくなりお誘いをもらっていたお宅へ行きました。
ミニチュアダックスのラディッシュに、会いに行くためです。8歳になった彼女は、甘えんぼらしい。初めてなのに抱っこしてと、来てくれた。


時間の経過とともに自分が慣れてきて、抱き方がわからなくて恐る恐る手を差し伸べてみた。
嫌がるようなら痛くさせているから、気をつけて優しく。
その場面を写真に撮ってくれて、すぐに印刷をしてくれて、とっても嬉しそうな自分の顔の使わないところが動いていたよう。あとでメールが届いて、あきらかに表情が優しくなったのがわかったと。
大切なこと。


会話の途中で椅子に座っていたるときじっとももの所にいたのに、移動しょうとした彼女を心の中からお願いをしてみた。そばにいてと、不思議なことにそっといてくれた。じーとおとなしく私で良いのなんて言葉は要らない。


受け止めてくれた、ラディッシュの愛。


こちらの家族に出会えたからのおすそ分け、愛で育んでくれた証を身をもって感受しました。愛すること、愛されること、逃げちゃいけませんね。
いつかだれかを愛することが出来たら、ありがとうを込めて抱きしめたい。
2007年6月3日は、大切な日に決めました。自分が知らない顔、さすがに素性がばれるので公開出来ませんが、可愛い彼女の写真をどうぞ。

 

 


虹の橋の向こうでは、元気に暮らしてますか。あなたはちゃんと覚えていてくれたのですね。
自分が眠る時間に立ち寄ってくれたのですね。あの時の優しいぬくもりを、どうもありがとう。
ラディッシュに会えたこと、いつまでも忘れない。
受け取った愛は、これから出会う人たちにおすそ分けをします。
あなたの無垢な愛は深く包む愛を大切に届けます。