「会いたい」のお話

学生時代に体育会系な知可子さんは、バスケットボ-ルに夢中でした。

埼玉県浦和警察署の安全協会で運転免許証の更新を担当していて、仕事の後バスケットボ-ルに汗を流す。 あるとき警察の催しイベントで歌うことになり、上手さから評判を呼びいろんなところで歌う機会があり、そんな中で歌手になりたいという気持ちが芽生え、不安のなかで夢に進み始める。

ご縁から南浦和のポテトハウス(ライブハウス現在は閉店)で、定期的に歌うようになる。 まばらだった観客も、口コミから歌う日には、人が溢れるように。 そんなある日、憧れの先輩が歌を聴きにきてくれた。そのときは、どんな気持ちだったのだろう。先輩が大好きな歌「オリビアを聴きながら」を歌う。

歌手を目指そうと決めたとき先輩に相談したら、「~おまえの一番めのファンだからなぁ~」と言ってくれた。そして先輩は一週間後に、交通事故で実業団のスタ-選手だった先輩は天国へ。 それをきっかけに知可子さんは、心に誓って歌手になろうと活動を始めて、遅いプロデビュ-を果たす。

デビュ-曲「恋人と呼ばせて」での キャンぺ-ンで日本全国を周る日々の中で飛び込みで訪れた、東京の渋谷のランタン(現在は神泉駅近くに移転)のマスタ-に認められて、その場で1000枚のレコ-ドを買ってもらう。

ファ-ストアルバム・セカンドアルバムを発表するもヒットに恵まれずに、最後のチャンスのサ-ドアルバム。 レコ-ディングスタジオ内で迫る締め切り時間、そんな状態にファックスが送られてきた。作詞家の沢ちひろさんの歌詞を読み、知可子さんは身を震わせる状態になった。それは、知可子さんの大切な想いの場面が綴られていた。沢さんは、場面も心境も何も知らない。 「憧れの先輩」「バスケット」「学生時代」・・・そして、先輩との突然の永遠のお別れのことも。

「会いたい」は、沢ちひろさんが情感を込めて書いた歌詞。よく実話と巷では語り継がれ、多くの方々が記憶しているているようですが、ご本人のイベントでの言葉だと恋人というよりも、憧れの先輩だったことです。

自分が見た場面。演奏していた女性が泣いてしまったり、サイン会で泣いてしまったり、ドキュメンタリ-撮影のカメラマンが涙ぐんでいたり、聞いた話で司会の方が泣いてしまったり。 泣ける歌、歌声から伝わる言霊は、老若男女に関係なく心を優しく穏やかに導いてくれる。皆さまにとっての「会いたい」って、どんなものなんでしょうか。女性だけでは無く、男性の心を濡らす歌、ずっと色褪せない「会いたい」は、あなたには、どんな歌なのでしょう。