渋谷 ランタン ライブ

渋谷の街を人の流れに逆らいながら、ゆるやかな坂道を登って行く。
一つ路地に入ると、円山町に一軒の八百屋。こんなところに八百屋だ、不思議な感覚になった。そして、祭りばやしも。
お神輿を担ぐ人たち、周りで見ている人たち。ビルや人ごみを避けたら、四次元のよう。意外な場面、なんとなくアンバランスな感覚は、何かのまえぶれ?
いつものように前の晩は眠れず、いつものように会場へと向かう自分。

今回は特に期待が膨らみ、いつも以上に興奮気味に。沢田知可子さん誕生のきっかけと始まりの場所、聖地「ランタン」。そんな話をずっと応援している人から、聞いたことがありました。
その頃の知可子さんって、どんな感じだったのだろう?ふと、頭の中をよぎる
プロ歌手として活動を始め、全国を周って歌を聴いてもらう。
キャンペーンで東奔西走していたでしょうか?もし、タイムマシンがあるのなら、その頃の知可子さんに会いたい。
そして、応援する自分をそこに置いて、心に刻んでみたい。
過去と自分が応援し始めた間を、空間を埋めてみたいとも。
この日の「ランタン」に訪れるまでは。

地下に下りて中に入る。こじんまりとした空間が落ち着きを感じさせる。
席につき仲間との談笑。だんだんとお客さんが入ってくる。
座席は、大きなテーブル4つに別れていて、奥に音楽業界の方々、その手前にランタンのマスタ-の学生時代の同級生の方々、次がファンとお店の常連さんが残り2つのテーブルを囲むように座り、
ライブが始まるのをそっと待つことに。

心の中にあることがあります。
この「ランタン」で、自分が知可子さんの魅力のとりこになったあの楽曲
「恋人と呼ばせて」を聴いてみたい、聴きたい。でも、今日は新しいアルバム「ラブソティ」の発表ライブ。このライブのチケットは、アルバムを買ってもらい、チャージで飲食をしてもられたら良いとのことでした。
ランタンのマスタ-の粋なはかない。
次の機会をといつかきっとこの願いがかなえたなら、心の中のパズルが埋まる。飲食し仲間との談笑の時は、和む心に反して迫るライブの始まりが、自分を無口にして行く徐々に緊張感が高まる。

ピアノの小野澤さん、アコースティクギターの林さん、コーラスには、一木
有佳子さんが所定の位置に登場。
「ランタン」のマスターのご挨拶から、知可子さんへバトンタッチ。
今回のライブ、起こる拍手のなんとも言えない温かさ、業界話に笑い、感動を
味わうような独特の雰囲気が流れ、この空間に包まれていました。

ここで、知可子さんの一言に自分の体に衝撃、身震いが走る。
無意識のうちに顔の半分を覆うようなしぐさをして、しばし呆然。
「14年間歌ってこれたのも、小川さん(ランタンのマスター)が、いきなり1000枚の「恋人と呼ばせて」を買ってくれたからだと思ってます。」の言葉に
慌てて、楽譜を探し始める皆さん。メンバー紹介をばたばたとする中、皆さんが笑顔で応える。自分は、知可子さんの突然の思いつきに喜んでいた自分でした。


普通、段取りに合わせて楽譜も順番に並べて進めて行くものだし、多くの楽曲を記憶を全部記憶するのは、いくらなんでも不可能なこと。慌てている3人を見ていたら、いくらなんでも無理でしょうとあきらめかけていたら、ピアノの音色が流れて。小野澤さん、なんで・・・。

開演前に到着し、一番良いところで聴こうと座ったのが、小野澤さんのピアノの前。椅子を斜めにして、知可子さんの方へ体を向けて座っていた。
いったい何が起きたのかわからなくなってしまう。右耳に入ってくるあのイントロ、異常なまでの興奮状態へ。
知可子さんの歌声に、幻が現実と化す。「恋人と呼ばせて」を作詞された門谷憲二氏を観客の中から見て、一曲めを歌おうとその場で決めたとか。
自分は、大粒の涙が止まらなく流れていた。

知可子さんのせつない系の歌に反応してしまう。男の自分がなんでと思うくらいに。しばらくの間、なにがどうなったのか記憶が定かではなくなっていた。
ただ、「ランタン」で知可子さんの歌声と最高の演奏者とのコラボレーションに酔い、デビューした時よりも進化し続ける知可子さんを聴いている。
初めて聴いたベストアルバムCDの中のこの一曲を聴いた時が蘇ってきた。
そして、空白の時間。いつも、もっと早く応援していたらの思いが消え、初めてこの楽曲を身震いしながら聴いたあの時に戻っていた。

違うことは、生の歌声と演奏をこんな身近で聴けたこと。こじんまりとした空間が自分を包み込むように響いてくる。
みなさん、どうもありがとうございます。そんな気持ちでいっぱいに。
一曲めから不意打ちにあったよう。少しづつ知可子ワールドへ入ってゆく自分ですが、今回は完全に直球がど真ん中に入ってしまった。

初め演出かと思っていたら、知可子さんのMCに出てくる楽曲の楽譜を探す姿が、あまりにもリアル過ぎ?本当だったようで。知可子さんが何気に後ろの雰囲気を感じ取りながら、進行している知可子さん。次は、何を歌ってくれるのかな?これだけでも十分ですなんて思ったり。
心にもないことを、感じさせてくれたのでした。

何度も繰り返しアルバム「ラプソティー」を聴き、そのぞれの愛の形を一つ一つかみ締めるように味わい、登場人物の心の動きや想いを感じ、アルバムを聴いたあとで、改めて生の歌声を聴くとまた深くその中により入りやすい。
淡いものにふんわり、濃いものにうなるように、女性の心の深さをリアルに表す知可子さんのバラードに陶酔して。

「With love」自身の中に嫌なことがあっても、許そうとかこの苦しみを乗り越え、次に行こうと励ます瞬間、女性の中にある母性がそうさせているのでは?そんな思いを込めて。この中に入り、包まれたいなぁとつい。

「恋の唄、うたって・・・」と続く。
童謡の「しゃぼん玉」をアカペラで歌いあげる。知可子さんのアカペラを聴くのは、前の新宿のライブだけだったように記憶してます。
あくまで、自分が聴いた範囲ですけど、また違う童謡や楽曲もぜひ。
アルバムの「しゃぼん玉」と対照的なのが、この楽曲「哀しい予感」せつなさが凄い。淡さと濃さの絶妙さ、そんな感じが強烈に刺激する。

「星影の小径」ラジオで小幡実さんバージョンを聴くことがあり、オリジナルとカバーとの比較、どちらもこの楽曲を大切に歌っているのは、歌手としてはもちろんオリジナルをそこなうことなく、知可子流の味付けで歌いこなしている。
懐メロ的な要素を含みつつも、今に蘇らせてくれます。
同世代の日とたちへ、伝え残すように。

「gift」を歌う前、頑張れの言葉についての語り。
「愛のある頑張れ」を伝えることが出来ただろうか?知可子さんからの問いかけが、妙に残ってしまう。
視線に入る観客の男性、片手でグラスを握りしめ、眼をつぶり、火のついた煙草もそのままで。知可子さんのMCを聞き、歌い始めたころからずっと。
その方には、どんな風に伝わったのでしょうか。「頑張れ」そう、ありきたりに使ってしまう励ましの言葉。ネットの仲間に問いかけをしたら、それぞれの意見をもらいました。
そのなかで、こんな文が。「声をかける人が、どんな思いでかけてくれたのか?
その人が自身を心の底から元気づけるように伝わってくれば、負担になったりしないと。ただ、ありきたりにやみくもに、こちらの状況を把握しないで言われたときは、これほど辛く辛らつな言い方はないって。」

初めて聴いたのは、ウェイターズという男女ユニットに、知可子さんが楽曲を提供した時でした。

初回1000枚限定マキシシングルCDを入手したとき、ギターの音が聴こえた瞬間、涙が出て来ました。林さんのアコースティックギターだ!小野澤さんのピアノだ!こんなにも心を暖かくさせてくれる。2人の歌声と演奏が重なり、ほんと勇気づけられたから。
このころ、主人公に近い状態にいた自分。自らの命を絶つのなら、その力をなんで生きる力にしてくれなかったのと。
自分のらしさの元を作り支えてくれた人だったのに。心に重なる歌詞、心の動き、繰り返して聴くことが出来なかった。
小淵沢でのコンサートの時、初めて知可子さんの歌声で聴いてぼろぼろになり、
動揺しよみがえる時をさらけだして、助けを求めていた。

新宿センチュリーハイアット内ラウンジ「ラプソティー」でのアルバムの発表ライブ。その時に「明日へ届け」の楽曲の最後、歌い終わるさびの部分。
感極まった知可子さんにほろりとして、知可子さんの想いを違って捉えてました。今回も同じように最後のところで、眼にいっぱいの涙を溜めた知可子さん。
それまでじっとこらえていたのでしょう、ここまではいつものような歌声なのに。MCで知可子さんが語っていたのと、この日の夜、FM横浜でノーカット放送があり、帰宅してベランダ越しにアンテナを立てて聴いて、再び唖然としたのです。

ライブの余韻が醒めるように。
別のFM放送との混信に、チューニングをしながら聴き入る。
知可子さんの楽曲がBGMに流れて、淡々とお喋りが続く。
ウェイターズのこと、初めてインディーズレーベールから発売の「gift」を発売して、谷村新二さんから「インディーズを使うなよ、インディペンデントだょ」と歌手の先輩から背中を押してもらい、すごく勇気をもらったこと。
そして、有佳子さんの話。
知可子さんがデビュー当時、カラオケをひっさげて音大生の有佳子さんとの全国へのキャンぺーンの日々。

フェスタモードというユニットでデビューしてから、これまでの話。14年間の月日、知可子さんと有佳子さんとの間にある絆。「明日へ届け」の楽曲に込められたもの、込められた想いを再び思い出したのです。前回の新宿でのライブで涙した知可子さん、今回も同じところで涙ぐんでいる。そのとき、知可子さんを思って書いた詞だと思っていたのに、一瞬で頭の中が真っ白に。
知可子さん、涙を拭いながら話始める。
有佳子さんへ、頑張りなさいよと添えて。微笑む有佳子さん、2人のお互いを思う気持ちがひしひしと伝わってくる。

21世紀に残したい泣ける名曲ベスト100で、1位に選ばれた「会いたい」。
何度聴いても色あせない感動が波動のように迫る。小野澤さんと林さんのアコースティックバージョン。
「会いたい」の間奏、こんな真近に聴くことなんて出来ない。
林さんの弦をつま弾く指の動き、なんと表したら良いものか?絶妙な指使い、指ひとつひとつが生命を受けたように、
それによってもたされる音色に酔う。
ライブの後で林さんと話が出来て、どうしても聞きたかったことを質問してみた。なんで、あんなにも心が暖かくなる音色なんだろう?の問いに答えてくれました。

「人生を長く生きていろんなことがあって、そんな想いを心に込めて弾くように、心がけているんだけどね。」との返事
こんな素敵な返事が返ってくるとは。
うん?視線の途中、どうしたのだろう有佳子さん?眼からこぼれんばかりの涙を拭いている。
知可子さんの「会いたい」を聴いて?
でも、同じ舞台に立ち演奏する側から、聴き続けているのだけど。
もしかして、知可子さんがなげかけた言葉のせい?「頑張りなさいよ」と振り向いて声をかけていたっけ。
照れもあったのでしょう、なんでも話あえる関係でも、心の底に届く想いに自分の頭の中が真っ白になる。
新宿のライブの知可子さんの涙の意味は、自分の見方が間違いだったとは、客観的な視点をしなかった反省とともに、2人の絆をかいまみたのです。

フェスタモードの「最後の約束」を薦められ、別のファン仲間からのご好意で
聴くことが出来、改めて有佳子さんの詞の世界への導かれる。
歌詞カードを読みながら聴いていると、主人公の心の動きがせつなくさせる。
詞に深さと微妙な心理を感じさせる。
彼女の作詞は、独自の世界観があり、心の奥深い部分まで沁みてくる。

有佳子さんの存在は、知可子さんにとって大切な人。自分をこんな気持ちにさせてくれた人でもあります。違う意味で自分にも届きました。
そう、絆というつながりが。最後に、皆でそろって歌える歌を最後に「Day by day」を歌って終わりました。